2020.7.27

 

住宅を購入するとなった場合、一戸建てを選びますか?それともマンションを選びますか?

一戸建てとマンションにはそれぞれメリット・デメリットがあり、比較すべきポイントがたくさんあります。どこを見て選べばいいか、迷われる方も多いでしょう。

 

今回は、「暮らし」と「費用」の2点に焦点を当てて、一戸建てとマンションを比較してみました。自分に合った住まいをお探しの方は、是非参考にしてみてください。

 

一戸建てとマンション買うならどっち?選ぶ際のポイントは?

 

■「暮らし」を比較してみよう

一戸建てとマンションでは「暮らし」の面で大きく異なります。

ご自身のライフスタイルに合っているのはどちらでしょうか。

 

【一戸建ての「暮らし」】

一戸建てのメリット

・自然豊かで静かな住環境が手に入る

・ペットと暮らしやすい

・生活音を気にしなくてよい

・庭があればガーデニングを楽しめる

・玄関の近くに車を駐められる

・独立性が高いため、プライバシー面に強い

・建て替えやリフォームがしやすい

・管理費修繕積立金が必要ない

 

一戸建てのデメリット

・立地が良い物件は、マンションよりも物件価格が高くなる

・空き巣対策や防犯対策を、自分たちで行わなくてはならない

・エクステリアや外構の手入れ・管理を自分たちで考えなければならない

・建物維持管理に関する費用が必要(外壁塗装、防水工事等)

 

【マンションの「暮らし」】

マンションのメリット

・立地がよく、駅近やアクセスのよい場所に住むこともできる

・監視カメラやオートロックの設備、管理人が常駐している等、防犯性が高い

・ラウンジやキッズスペース等の共用スペースのあるマンションは利便性が高い

・マンションの中層階や高層階は、日当たりや展望がよい

 

マンションデメリット

・車を持っている場合、駐車場まで距離が遠いことがある

・騒音等のトラブルに注意しなくてはいけない

・管理組合などのコミュニティに参加する必要がある

 

■「費用」を比較してみよう

続いては気になる「費用」について比較していきます。

 

【単純な物件価格】

同じ広さ・同じ立地での購入費用は、一般的にはマンションより一戸建ての方が高くなる傾向にあります。

 

【修繕積立金】

マンションには購入時に発生する費用以外に、修繕積立金を支払う必要があります。

修繕積立金とは、マンションの壁や屋上、エントランスなど共用部分を維持・修繕するために定期的に行われる「建物の大規模な修繕」に必要な資金をまかなうため、毎月徴収して積み立てておく準備金のことです。

一戸建てでは管理費や修繕積立金は発生しません。しかし、自分たちでマイホームの管理や掃除、補修を考えなければなりません。

 

【駐車場代】

一戸建てで、駐車スペースがある場合、駐車場代はかかりません。

マンションですと、駐車場代が発生することがほとんどです。

 

【資産価値】

一戸建ての場合は、土地と建物を分離して売却できるので、築年数が経過しても土地の価値は下がりません。

(※場所や諸条件による)

マンションの場合は、築年数の経過にしたがって価値はどんどん下がっていってしまいます。

 

■まとめ

一戸建てとマンションの「暮らし」と「費用」について比較してみました。

あなたが魅力を感じたのは、一戸建てですか?マンションですか?

 

ここで比較したメリットやデメリットはあくまで一般的なものです。実際には物件ごとにそれぞれメリット・デメリットが存在すると思ってください。

住宅の購入を検討している方は、まずはこの記事で紹介した「比較ポイント」を吟味したうえで、それぞれのライフスタイルにあった物件を探してみてくださいね。